負けるもんか! Emiの聴神経腫瘍・三叉神経痛・顔面神経麻痺の記録

聴神経腫瘍・三叉神経痛・顔面神経麻痺を患い、肋間神経痛・頻脈もある私の備忘録。

黒猫のクロベエ

次男のお気に入りは黒猫でした。

 

f:id:healthy262:20180206222427j:image

 (クロベエの写真ではありません)

『真っ黒でカッコイイ!』

 

クロベエと命名されました。

 

朝起きて、『おはよう』ナデナデ

登校前、『行ってくるね』ナデナデ

学校からすっ飛んで帰ってきて『ただいま』ナデナデ

寝る前に『おやすみ』ナデナデ…

 

テレビを観るときは膝に置いて、食事中も入浴中も、いつもいつもクロベエを誰よりも可愛がっていました。

 

でも一つ気になったのが、眠る時に大体ゲベの下敷きになっていたこと。

 

猫たちが来て四日後、ゲベの右目が開きました。

でも、クロベエはまだ両目を閉じたまま。

 

そして、猫たちが来て一週間後、クロベエはその短い命の幕を閉じました。

 

その日の手帳には、

 

『脱水症状と低体温症と先生に言われた。何も知らずに育てようとしたから、こんな悲しいことになったんだね。可哀想なクロベエ…本当にごめんね。でも、可愛くて次男のお気に入りだったクロベエの事、絶対忘れないよ。』

 

と書かれています。恐らく、病院に連れて行ったのかな?

 

そして、こうとも書かれています。

 

クロベエの死を知り、そばで触りながら次男はずっと泣いていた。私もずっと涙が止まりません。』