負けるもんか! Emiの聴神経腫瘍・三叉神経痛・顔面神経麻痺の記録

聴神経腫瘍・三叉神経痛・顔面神経麻痺を患い、肋間神経痛・頻脈もある私の備忘録。

顔面神経麻痺のその後

2019.10.8

 

10年ほど前に腫瘍が発見されてすぐに、サイバーナイフ治療を受け、一時的に顔面痙攣が数ヶ月続いたりはしたが、それ以降、ここ数年変わった事はなかった。

 

が、その間にも治療の効果で小さくなっていった脳腫瘍が形を変え、三叉神経に食い込み2015年秋から痛みがではじめた。

 

今まで経験したことのない激痛。三叉神経痛

その治療として外科手術を勧められたが、その頃は母子家庭だったので仕事を休むという選択肢はなく、テグレトールいうてんかん用の薬で痛みを抑える治療を選択。

 

約半年ほど効き目があったが、また痛みが始まりその恐怖で仕事も行けなくなってしまって、2016年7月に聴神経腫瘍摘出手術をした際に顔面神経麻痺になってしまった。この時には母や夫も一緒に暮らしはじめていた。

 

f:id:healthy262:20201218194406j:image

 

私の顔面神経麻痺は重度だったため、どこまで治るか未知数。なので、必死に検索してハリ治療が良いと言うことに辿り着いた。

 

効果はないと言う方もいるが、元の顔に少しでも近づけるために良いと言われている事はやるしかない。

 

ブログをアップしていて重度の顔面神経麻痺を私より何年か前に患った方も、〝ハリ治療をしておけばよかった。数年経過してもほとんど顔が動かない〟と言っているのをハリ治療を始めた後に見つけたので、やっぱり効果あるのかな?

 

私の場合は、だいぶ良くなったから。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、麻痺してから約3年3ヶ月たった今、なりたての頃と比べるとどんな状態なのかというと、

 

できるようになった事

 

《額》

・眉間にシワをよせられる

《眉》

・日によって違うが元の高さに戻りつつある

《目》

・瞬きができる

・目を閉じて眠れる

《頬》

・頬が少し動くようになりぶくぶくうがいができる

・食べている時、頬の内側を噛まなくなった

《口》

・水分をこぼさず飲める

・舌の痺れが半分ほど減った

・歯茎の痺れがほとんどなくなった

《顎》

・下顎に完璧ではないが梅干しが作れる

 

 

あまり変わらない事

 

《額》

・シワがよせられない

《眉》

・眉を上げられない

《目》

・涙が流れない

《鼻》

・イーっとしてもシワがよらない

・鼻をピクピクできない

・鼻水が出ない

《頬》

・膨らませられない

《口》

・沢山の水分を含みすぎるとこぼれる

・上唇が動かないので口を尖らせられない

・広角があまり上がらないので笑うと変

 

 

と言った感じ。

 

f:id:healthy262:20201218194732j:image

 

で、脳腫瘍摘出手術の後遺症で顔面神経麻痺になったのだが、この麻痺による後遺症というのが更にあって、目と口など違うところの神経がつながってしまう(重度に多い)ことによって出てくるものがある。私も目と口の神経がつながってしまったため、

 

変な感じになってしまった事

 

・目を閉じたり瞬きをすると頬と口角が動く

・喋る、食べる、あくびなど口を動かしたり開けたりすると少し目が閉じてしまう

 

また、瞬きができるようになったと書いたが自然な瞬きだと完全に目が閉じないので、少しギュッと閉じる感じで瞬きをする癖がついた。

 

それと、ここ数週間前から起床時に左目の瞬きがスムーズじゃない時があったり、視界も少しぼやけている。

 

大体、前日の夜から症状が出始め、目の乾きによって目やにが目に張り付くため、アイボンで目の洗浄をすると一時的に良くなる。

 

f:id:healthy262:20201218194900p:image

 

こういった症状は、恐らく空気が乾燥してきたことと台風の強風による目の乾きが原因と考えられる。

 

麻痺後数ヶ月、目が完全に閉じない時期に目薬のさしすぎでしんどい目にあったので、それ以来絶対に目薬は使わない。

 

だから、今回も自然と良くなるのを待とう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。